効果のあるSEO外部対策とは?すぐ出来る30個の具体的施策と注意点

SEO対策には、大きく分けて内部SEO対策と外部SEO対策があります。

内部SEO対策(オンページSEO)は、Webサイト内の構造やコンテンツ、サーバーなどに対して行われる対策を指します。一方、外部SEO対策(オフページSEO)は、Webサイト外部からの評価を高めるための取り組みです。

具体的には、外部SEO対策では主に被リンクとサイテーションの獲得が重要です。被リンクは他のWebサイトからのリンクを指し、サイテーションはWeb上でのブランドやビジネスの言及を指します。しかし、近年では「外部SEO対策の重要性が低下している」と主張するSEO会社やコンサルタントも存在します。

実際、質の低い被リンクやブラックハットSEO(ペナルティーギリギリの手法)を用いた外部SEO対策は、短期間で順位を上げる可能性がありますが、検索エンジンのアルゴリズム更新により大きく順位を落とすリスクがあります。そのため、外部SEO対策を行う際には、質の高いリンクや言及を獲得することが不可欠です。

この記事では、外部SEO対策を行う上で意識すべきポイント、優先度順に取り組むべき具体的な30個の施策、そして避けるべきペナルティーリスクについて詳しく解説していきます。

外部SEO対策よりも、まずは内部SEO対策を徹底しよう!

まずはWebサイトの導線や内部SEO対策を徹底することが重要です。内部SEO対策は、Webサイト内の構造やコンテンツの最適化を指し、検索エンジンがWebサイトの内容を正確に理解し評価するための基盤となります。具体的には、ページの読み込み速度の改善、メタタグの最適化、モバイルフレンドリーなデザイン、内部リンクの構築などが含まれます。

内部SEO対策がしっかりと行われていないと、どれだけ外部SEO対策に力を入れても、Webサイト全体の評価が高まることはありません。なぜなら、外部からの評価が高まったとしても、内部の構造やコンテンツが不十分であれば、検索エンジンはそのサイトを信頼しづらくなるからです。

Webサイトの中身がスカスカで内容がないにも関わらず、被リンクがついているのは不自然です。被リンク営業をするにしても、そのようなWebサイトを紹介したいという人はいません。内部SEO対策は9割、外部SEO対策は1割くらいの割合で行うと良いでしょう。

しかし、内部SEO対策を重視すると、なぜか「良いコンテンツを書けば検索される」「順位が上がるはず」という偏った方法でWeb対策を行う方がいます。検索順位を評価しているのは、あくまでクローラーであることを忘れないでください。クローラーはWebサイトの技術的な要素やリンク構造はもちろん、サイト全体の評価をしています。単に良いコンテンツを作るだけでは十分ではありません。

そのため、外部SEO対策も非常に大事です。特にコンテンツがある程度充実してきてからは、必ず対策が必要です。ロングテールキーワードであれば内部SEO対策だけで上位表示が可能な場合もありますが、検索ボリュームの多いビッグキーワードで上位を狙うためには、外部SEO対策が必要不可欠です。内部と外部のSEO対策をバランスよく取り入れることで、検索エンジンからの評価を最大化し、より高い検索順位を目指すことができます。

特にSEO対策を徹底しているようなWebサイトでは内部SEO対策を突き詰めてやっている場合、外部SEO対策を中心に行うこともあるでしょう。

外部SEO対策には被リンクとサイテーションの2種類

外部SEO対策の主な要素として、被リンクとサイテーションがあります。

被リンクとは、他のWebサイトから自分のWebサイトへのリンクのことを指します。これらのリンクは、検索エンジンに対して自分のサイトが信頼されているというシグナルをになります。質の高い被リンクを多く獲得することで、Webサイトの権威性が高まり、検索順位の向上につながります。

一方、サイテーションは、Web上で自分のブランドやビジネスが言及されることを指します。サイテーションにはリンクが含まれていない場合もありますが、検索エンジンはこれをブランドの信頼性や知名度の指標として評価します。

特にローカルSEOにおいては、ビジネスの名前、住所、電話番号(NAP情報)が一致していることが重要です。しかし、サイテーションはローカルSEOに限らず、一般のWebサイトの評価にも影響を与えます。

ブランド名やビジネス名がインターネット上に多く言及されていると、検索エンジンはそのサイトが信頼されていると判断し、評価を高めることができます。

被リンクとサイテーションの両方をバランスよく取り入れることで、外部SEO対策の効果を最大化し、検索エンジンからの評価を高めることができます。これにより、より高い検索順位を目指すことができるのです。

nofollowとfollowとは?外部SEO対策に与える影響

nofollowとfollowの違いについて詳しく見ていきましょう。nofollow属性とfollow属性は、リンクの評価において重要な役割を果たします。

nofollow属性とは、リンクに対して検索エンジンがそのリンク先を評価しないよう指示するための属性です。これは、リンク先のページに対してリンクジュース(リンクの評価)を渡さないことを意味します。

nofollow属性は主に、スパムリンクや広告リンク、信頼性の低いコンテンツへのリンクに使用されます。具体的には、コメントスパムを防ぐためや、ユーザー生成コンテンツ(UGC)でのリンク、広告リンク、ペイドリンク(有料リンク)などに使われます。検索エンジンはnofollow属性のついたリンクをクロールしますが、そのリンクの評価をリンク先ページに渡しません。

一方、follow属性とは、リンクに対して検索エンジンがそのリンク先を評価するよう指示する属性です。

実際には、特別な属性値を指定しない通常のリンクがfollowリンクとして扱われます。followリンクはリンクジュースを渡し、リンク先のページの評価や検索順位に影響を与えます。信頼性の高いコンテンツや有益な情報へのリンクに対して使用されます。

nofollowとfollowの使い分けは、リンク先のページの評価や信頼性に基づいて行うことが重要です。例えば、スパムリンクを防止したい場合や広告リンク、有料リンクを含む場合、信頼性の低いコンテンツや不確実な情報へのリンクの場合にはnofollowを使用します。

一方、信頼性の高いコンテンツや有益な情報へのリンク、自分のサイトにとって自然なリンクプロファイルを維持したい場合にはfollowを使用します。

したがって、SEOを効果的に実施するためには、nofollowとfollowの使い分けを正しく理解し、適切にリンクを設置することが求められます。

外部SEO対策を行う際には、nofollowが付いている被リンクを優先してもらうようにしましょう。もらえない場合は上記の件を話して説得してもいいですし、サイテーションとして出来るだけ残しておいてもらえるように交渉しましょう。

自サイトからの発リンクについて

nofollow属性がSEO対策に与える影響について詳しく見ていきましょう。まず、順位を上げるためにnofollowやそれに類する属性値を設定する必要はありません。よくある誤解として、「リンクジュースを漏らさないために外部サイトへのリンクにはなるべくnofollowを設定するべき」や「サイト内のクロールを最適化するために内部リンクにnofollowを巡らせるべき」といったものがあります。

前者のPageRankスカルプティングは、2009年にはすでに有効ではなくなっています。PageRankスカルプティングとは、Webページのリンク構造を操作して、リンクジュース(リンクの評価)を自サイト内に留める手法です。

しかし、Googleはこれを回避するためにアルゴリズムを改良し、nofollowを使用してリンクジュースを制御することができなくなりました。後者については、サイト内のクロールを最適化するために内部リンクにnofollowを設定することは推奨されません。内部リンクの制御は、robots.txtファイルやmetaタグで行うのが望ましいです。

これにより、検索エンジンがどのページをクロールすべきかを明確に指示できます。

Googleのジョン・ミューラー氏は、2019年にnofollowを設定することのSEO効果を否定しました。それどころか、通常のリンクを設置していた方が、時間の経過とともにPageRankが高くなる可能性を示唆しました。

これは、そのサイトが通常のWebエコシステムの一部であること、つまり自然なサイトであることが分かるためです。自然なリンクプロファイルを持つことが、長期的にはSEOにとって有益です。

しかし、nofollowが全く意味がないわけではありません。

特定の状況ではnofollowを使用することが適切です。例えば、大規模なユーザー生成コンテンツ(UGC)を持っている場合、不適切なコンテンツやスパムリンクが含まれる可能性があります。このようなリンクにnofollowを設定することで、サイトの信頼性を保つことができます。

また、明らかにGoogleから見て悪質なサイトへのリンクが消せない場合にもnofollowを使用することが推奨されます。

したがって、SEOを目的にnofollowを設定するのは逆効果である可能性がありますが、適切な場面で使用することで、サイト全体の品質を保つことができます。nofollowを効果的に利用し、全体のSEO戦略をバランスよく実行することが重要です。

外部SEO対策として意味のある被リンクとは?

工夫と時間、お金をかけて外部SEO対策をしても意味がなかったらもったいないですよね。出来るだけ効果的な外部SEO対策をしたいと思うのは当然です。今回は被リンクをもらう前にどのような被リンクや被リンクの付け方が効果的なのかをお伝えしていきます。

被リンクは、Webサイトの質とジャンルに注意!

外部SEO対策として効果的な被リンクを得るためには、リンクの質とジャンルの一致が重要です。まず、被リンクをもらうWebサイトの質が高いことが大前提です。評価の低いWebサイトから大量の被リンクを得ても、外部SEO対策としての効果はほとんどありません。検索エンジンは、リンク元の質を評価するため、信頼性や権威性のあるサイトからのリンクが効果的です。

さらに、同じジャンルのWebサイトから被リンクを得ることが重要です。例えば、普段ゲームの情報を発信しているゲームメディアから病院サイトへの被リンクが貼られていた場合、そのリンクの評価は低くなります。

これは、異なるジャンルのサイトからのリンクでは、そのリンク先のコンテンツが良いものであるという保証が難しいからです。一方、病院関連のサイトから病院サイトにリンクが貼られている場合、リンクの評価は高くなります。これは、リンク元が同じジャンルであるため、リンクの信頼性が担保されやすいためです。

全く異なるジャンルからの被リンクを得る場合、少なくとも同じジャンルに関連するコンテンツを書いてもらい、その記事からリンクを貼ってもらうようにすると良いでしょう。

例えば、ゲームメディアが「ゲーム✖️健康・医療」に関する特集記事を作成し、その記事内で病院サイトにリンクを貼るといった方法です。こうすることで、リンクの信頼性が高まり、SEO効果も期待できます。

このように、被リンクの質とジャンルの一致を意識してリンクを獲得することで、外部SEO対策の効果を最大化することができます。質の高い、関連性のあるリンクを得ることを目指し、戦略的に被リンクの構築を進めましょう。

被リンク営業をする場合は、どのようなWebサイトに、どういった営業をするのか決めておき、記録を残しておきましょう。同じWebサイトに過去と同じ内容でアプローチしてしまうと信用をおとしかねません。担当者が変わってもすぐに検索してチェックできるような体制を整えておきましょう。

アンカーテキストを意識して被リンクをつけてもらおう

外部SEO対策で被リンク効果を得るためには、アンカーテキストの工夫が重要です。

アンカーテキストとは、リンクが設定されているテキストのことを指します。検索エンジンは、このアンカーテキストをもとにリンク先の内容を判断するため、適切なキーワードを含んだアンカーテキストを使用することが推奨されます。

例えば、あなたが運営するサイトが「健康食品」に関するものである場合、被リンクを得る際のアンカーテキストには「健康食品」「有機サプリメント」「ナチュラルフード」など、関連性の高いキーワードを含めてもらうと良いでしょう。

これにより、検索エンジンはリンク先のページが健康食品に関するものであると認識しやすくなります。

また、アンカーテキストが「こちら」や「ここをクリック」などの一般的な表現ではなく、具体的でわかりやすいキーワードを含むように依頼することが重要です。

例えば、「詳しくはこちら」ではなく「健康食品の詳細はこちら」というように具体的な内容を示すアンカーテキストにしてもらうことで、リンクのSEO効果が高まります。

例)
× 尿酸値改善サプリなら改善くん
尿酸値改善サプリなら改善くん

実際の依頼方法としては、リンクをお願いする際に具体的なアンカーテキストの例を提示すると良いです。例えば、以下のように依頼してみてください。「お手数ですが、リンクのアンカーテキストを『健康食品』または『有機サプリメント』といったキーワードにしていただけると助かります。」

このように、アンカーテキストを意識して被リンクをつけてもらうことで、検索エンジンに対するアピール力が強まり、SEO効果を最大化することができます。被リンクをお願いする際には、リンクの質だけでなくアンカーテキストにも配慮し、より効果的なSEO対策を実現しましょう。

また、この含めるキーワードも毎回同じキーワードではなく関連後や共起語などに変えることで、より幅広いキーワードでの外部SEO対策の効果が期待できます。meta keywordsで設定したキーワードを満遍なく網羅できるように対策できると良いでしょう。

被リンク数よりも、参照ドメイン数

SEO対策を効果的に行うためには、被リンク数よりも参照ドメイン数を重視することが重要です。同じ被リンク10個でも、参照ドメインが1の場合と10の場合とでは、その効果に大きな違いがあります。参照ドメインとは、特定のWebページに対して外部からリンクを貼っているドメインのことを指し、リンク元のサイトを意味します。一方、被リンクはそのリンク自体を指します。

例えば、あなたのWebサイトがYahoo!とIBMからそれぞれ1つずつ被リンクをもらった場合、参照ドメイン数は2、被リンク数は2となります。しかし、もしYahoo!からさらにもう1つリンクをもらった場合、被リンク数は3になりますが、参照ドメイン数は2のままです。このように、参照ドメイン数はリンク元のドメインが異なる場合にのみ増加します。

外部SEO対策では、参照ドメイン数が多い方が、検索エンジンにとってそのサイトが信頼されていると評価されやすくなります。Ahrefsの調査によると、参照ドメインが1つもないWebページの90%以上はGoogleからのトラフィックがないことがわかっています。また、参照ドメインの数とオーガニック検索からのトラフィックには相関関係があることが示されています。これは、異なる多くのドメインからリンクをもらうことで、そのページの信頼性や権威性が高まり、SEO効果が向上するためです。

参照ドメインを10個集めるには、10人の異なるWebサイトオーナーにリンクをお願いしなければならず、大変な作業です。しかし、その努力の価値は大いにあります。SEOの専門家の間では、同じドメインからの被リンク10個よりも、異なるドメインからの被リンク10個の方がはるかに価値が高いとされています。

これは、Googleが多数の異なるサイトからのリンクを、より多くの人からの推薦として評価し、そのサイトの信頼性を高く見るためです。したがって、被リンクを集める際には、できるだけ多くの異なる参照ドメインを獲得するように計画を立てましょう。参照ドメインを増やすことで、SEO対策の効果を最大化し、検索エンジンからの評価を高めることができます。

被リンクは出来るだけ全てのページに

被リンクをつける際に注意すべき点として、リンクのばらつきがあります。ほとんどのWebサイトでは、トップページに最も多くの被リンクが集まる傾向にあります。しかし、SEOの観点からは、サイト全体のページにまんべんなく被リンクが付いている方が良いとされています。

これには、Googleが低評価の記事を嫌っているという潮流があります。その一因はAIの発達です。AIが発達したため、Webサイトの記事を簡単に生成できるようになりました。しかし、似たようなコンテンツが検索結果に表示されると、ユーザーは離れてしまい、広告収入の減少につながります。

そこで、Googleは記事数が多くなくても、一つ一つのクオリティーが高いWebサイトを重要視するようになっています。これは、Webサイトの各ページがインターネット内でどれだけ評価されているかに関わってきます。

実際、多くのリンクがトップページに集中すると、検索エンジンはそのサイトが自然なリンクプロファイルを持っていないと判断する可能性があります。自然なリンクプロファイルとは、ユーザーが価値を見出した個々のページにもリンクが集まっている状態を指します。特定のページだけにリンクが集中していると、不自然に見え、SEO効果が低下する可能性があります。

したがって、被リンクを獲得する際には、トップページだけでなく、個々のページにもリンクを付けるように意識しましょう。これにより、サイト全体の評価が向上し、より良いSEO効果を得ることができます。検索エンジンからの信頼性が高まり、トラフィックの増加にもつながります。出来るだけ一次情報などのオリジナルコンテンツを含め、検索意図に応える記事を作成し、そこに被リンクをつけてもらうようにしましょう。

人工知能に負けない!書くべき5つのポイント

① オリジナル性の高いコンテンツを作成することです。自分の経験や専門知識を取り入れ、独自の視点や具体的なエピソードを交えることで、AIが生成するパターン化されたコンテンツとの差別化が図れます。

② ディープダイブなリサーチが重要です。学術論文や専門書、業界の専門家とのインタビューを活用し、信頼性の高い情報源からのデータを引用しましょう。

③ ユーザーとの対話やコメントへの迅速な返信など、インタラクティブな要素を取り入れて、読者との関係を深めます。個別の読者ニーズに応じた対応やカスタマイズされたアドバイスを提供することがポイントです。

④ 画像や動画、インフォグラフィックなどの視覚的要素を効果的に使用し、読者の注意を引きつけ、コンテンツの理解を深めるような工夫をしましょう。

⑤ 読者の具体的な問題を解決するための実践的なアドバイスやチュートリアルを提供します。ステップバイステップのガイドや具体的な手順を示すことで、読者がすぐに行動に移せる情報を提供しましょう。

様々な種類のサイトから被リンクを得よう

被リンクを得る際には、出来るだけ色々な種類のWebサイトからリンクを貼るようにしましょう。ここでいう種類とは以下のようなものがあります。

  • 大手無料ブログ:Ambloやブログ村など
  • HTMLサイト
  • SNSサイト:TwitterやTiktok、Instagramなど
  • ECサイト
  • まとめ系サイト:noteなど
  • WordPress
  • 他CMS:wixやジンドゥーなど

これには理由があります。それは、自然だからです。無料ブログから複数ついていても不自然です。ペナルティーが付く可能性が高くなりますし、効果も低くなるといわれています。自分でサテライトサイトを作って運用しと考えている場合は、必ず意識した方良いポイントになります。

このように様々な種類のWebサイトから、徐々に被リンクをつけていきましょう。今までに被リンクが1個しかなかったのに、ある日から200個増えたら不自然ですよね?

様々なWebサイトから少しずつリンクをつけてもらえるような工夫をしよう。被リンク購入などをしても効果が薄いと言われている理由はここにあります。

すぐ出来る!外部SEO対策の具体的施策方法30選

外部SEO対策を行う際の注意点についてお伝えしてきました。

それでは外部SEO対策として被リンクを獲得するためにどうすればいいのでしょうか?

具体的な方法についてわかりやすくお伝えしていきます。

  • 比較記事を制作:自社商品と競合商品を比較する記事を作成します。
  • 特定のテーマに関するまとめ記事を作成:特定のテーマに関する情報を集めてまとめた記事を作成します。
  • コラボ・インタビュー記事:業界の専門家やインフルエンサーとのコラボレーションやインタビュー記事を作成します。
  • インフォグラフィックを制作:視覚的に魅力的なインフォグラフィックを作成します。
  • インフォグラフィックを無料提供:作成したインフォグラフィックを他のサイトに無料で提供します。
  • SNS投稿シェアキャンペーン開催:SNS上で投稿をシェアするキャンペーンを実施します。
  • 投稿型サイトに積極的に参加:QuoraやRedditなどの投稿型サイトに積極的に参加します。
  • プレスリリースを発表:新商品やサービスのリリース情報をプレスリリースとして発表します。
  • 官公庁や自治体への協賛や協力:官公庁や自治体のプロジェクトに協賛や協力を行い、リンクを獲得します。
  • 寄付やスポンサー活動を行う:慈善団体への寄付やイベントのスポンサー活動を行い、リンクを得ます。
  • インフルエンサーやブロガーに商品提供:インフルエンサーやブロガーに商品を提供し、レビューとリンクを得ます。
  • ホワイトペーパーを公開する:専門的なホワイトペーパーを作成し、公開します。
  • 地域のコミュニティに参加する:地域のオンラインコミュニティやイベントに参加します。
  • オンラインディスカッションに参加する:オンラインフォーラムやディスカッションに参加し、有益な情報を提供します。
  • 業界ニュースサイトに寄稿する:業界関連のニュースサイトや雑誌に記事を寄稿します。
  • 無料ツール・テンプレートを提供する:ユーザーに便利な無料ツールやテンプレートを提供します。
  • 画像検索をして無断利用サイトに通知:自社の画像が無断で使用されているサイトに通知し、リンクを求めます。
  • Howto動画を作成:製品やサービスの使い方を説明するHowto動画を作成します。
  • 計算機やクイズなどのインタラクティブツールを提供:ユーザーが利用できる計算機やクイズなどのインタラクティブツールを提供します。
  • ウィキペディアに寄稿する:自社や関連するトピックについてウィキペディアに寄稿し、リンクを得ます。
  • 自社イベントを開催、キャンペーンを実施:自社イベントやキャンペーンを開催し、参加者にリンクを促します。
  • eBookやホワイトペーパーなどのデジタル出版物:専門的なeBookやホワイトペーパーを作成し、公開します。
  • オンラインマーケットプレイスに参加:AmazonやEtsyなどのオンラインマーケットプレイスに商品を出品します。
  • プレゼン資料を制作・公開する:業界関連のプレゼン資料を作成し、スライドシェアなどで公開します。
  • 口コミやプレゼントキャンペーンを実施する:口コミやプレゼントキャンペーンを実施し、リンクを促します。
  • ブックマークサイトを利用する:Reddit、StumbleUpon、Diggなどのブックマークサイトにコンテンツを登録します。
  • プロフィールサイト作成:自社や個人のプロフィールを詳細に記載したサイトを作成します。
  • 比較サイトに登録する:自社の商品やサービスを比較サイトに登録し、リンクを得ます。
  • サイトランキング系に登録する:自社サイトをランキング系のサイトに登録し、リンクを獲得します。
  • RSSフィードの設定:サイトのRSSフィードを設定し、コンテンツの自動配信を行います。
  • 時事ネタ×専門知識:最新のニュースやトレンドに専門的な知識を加えて記事を作成し、リンクを得ます。

これだけは注意しよう!外部SEO対策でやってはいけないやり方